トップページ

2018年8月11日 (土)

先進的パチンコ攻略理論

『本当の意味で稼ぐ力を身につけるための教科書』として、

パチンコ革命2009ホルコン攻略理論シリーズ、波テクニカル攻略理論というマニュアル「パチンコ革命シリーズ」の第3弾です。

特にホールシステム解析については、国内最強といわれていますよね。

一年以上もの検証の結果、ほぼ全国のホールにおいて確認できたので今回は第二の当り移動法則を紹介しています。

詳細はこちらのページをご覧ください

当り移動順番の法則

パチンコのシマは複数のグループが混在し連動し合ってます。

つまり当りの移動法則は、シマに複数存在しており、その一つが「当り移動順番の法則」

この移動法則の活用だけでも当りの的中率が上がるのですが、やはり順番を飛ばされる台があります。

ではなぜグループ内で当り順番を飛ばされるかと言うと、その要因のひとつは当るのを邪魔されているからなのです。

邪魔をしている要因のひとつが連動グループの存在です。

実はこの連動グループは横並びグループと連動しているのです。

この連動グループにも当りの移動法則が作用していて、それらが交差するところに大当りが発生するポイントがあります。

横並びグループの「当り移動順番」と、連動グループの「当り移動順番」が重なるタイミングがあり、これら当りの移動順番が交差するポイントが次に大当りする可能性がたいへん高くなるポイントです。

いままでの当りの移動法則は、横並びグループ内という一方向だけの当たり移動の法則でしたが今回の連動グループによる、第二の当りの移動法則が交錯するポイント上では、大当りする台がさらに高い確率で特定可能になるというわけです。

実際にホールで大当りしている台をみていると、連動グループとの2方向の当り資格を満たしていることが多いことがわかります。

さらに、連動グループだけでなく、シマ全体で作用している「ブロック制御」の法則についてもお教えします。

「当り移動順番」、「連動グループ」、「ブロック制御」と三つの方向からの当たりの移動法則を知って、高確率で当りの発生を特定する方法をぜひ身につけてくださいね。

連動台がわかると、並びで当り順番を飛ばされた理由や、いつまで当り順番を待機すればいいのか、ハマっている連動台をみつけて、爆発放出する連動台を特定したり、あなたが打っている連動台の動向を観察することにより、立ち回りがより的確なものとなります。

また末番構成と錯覚する理由についても暴露しているので、まちがって末番だとおもいこみ負けている方は、連動グループをしることにより的確にグループの判別が可能となり、とくに今まで通っているホールにおいて、横並びグループだけや末番グループだけといったように一つのグループ構成しかしらずに打っていた人にとってはまったく新しい画期的な情報ですね。

●当たる台の予測ができる

●すぐに当たらない台は打たなくてすむ

●大当たりの順番がわかると玉やお金の節約になる

第1弾の「シマ解析論 基礎編」も、たくさんの方に評価されていますが、このパチンコ革命 シマ連動論+当り移動順番論を手に入れればパチンコで勝つなんて簡単なんてことになる!?

公式サイトはこちら 

トップページ

無料ブログはココログ